通水管|バージニア、NJ州知事選で民主党が勝利

 ワシントン(CNN) 米バージニア、ニュージャージー両州で7日に知事選が実施され、CNNの集計によると、ともに民主党候補が勝利を収めた。この日は国内各地で連邦議会議員の補欠選挙、市長選などが一斉に実施された。昨年の大統領選でトラ通水管ンプ氏が勝利してから1年。民主党はトランプ政権発足以来、州レベルで初の勝利を収めた。バージニア州では民主党のラルフ・ノーサム副知事と共和党の元ロビイスト、エド・ガレスピー氏が接戦を展開し、来年の中間選挙の行方を占う前哨戦として全米通水管ら注目を集めていた。ノーサム氏は民主党の現職、マコーリフ知事の高い支持率を背景に、同党の重要な支持基盤をなす黒人層の支持獲得に努めてきた。州都リッチモンドで先月開いた集会には、オバマ前大統領も応援に駆け付けた。これに対して通水管レスピー氏は、不法移民への厳しい対応を訴え、南北戦争の南軍司令官の像を撤去する計画が論争を招いた問題では撤去反対を掲げるなど、トランプ氏の支持基盤である農村部の白人層を意識した選挙戦を展開した。一方では都市近郊の有権者に配慮して、通水管人的にはトランプ氏と距離を置く戦略を取った。トランプ氏は同州のゴルフ場をたびたび訪れているにもかかわらず、ガレスピー氏の選挙戦には一度も姿を見せなかった。幅広い層の取り込みを狙ったガレスピー氏の戦略が成功するかどうか、全米の共和党通水管らが注目していた。トランプ氏は7日夜、まだ集計が終わらないうちに「ガレスピー氏はよく戦ったが、私や私の理念を受け入れてはいなかった」とツイートした。バージニア州では同時に副知事と司法長官の選挙も実施され、いずれも民主党候補通水管制した。ニュージャージー州では共和党のクリスティー知事の任期満了にともない、キム・グアダグノ副知事が後継に名乗りを上げていた。しかし、クリスティー氏の支持率が全米の知事でも最低の10%台と低迷するなか、グアダグノ氏はこの逆通水管を克服できず、民主党のフィル・マーフィー氏に敗れた。民主党はクリスティー氏の就任から2期8年ぶりに、同州知事の座を奪還する。このほかユタ州では、同州選出の下院議員の引退にともなう補欠選挙で共和党の勝利が確実視されている。