通水管|部品落下、跳ね上がる尾翼

 「飛行中、バリバリという異常音がした」「墜落前に機体の一部がパラパラと落ちた」。 群馬県上野村で8日に発生し、4人が死亡したヘリコプター墜落事故。異変に通水管気付いた現場近くの住民らが、事故当時の様子を詳細に語った。 近くでゴルフをしていた女性(71)によると、何かを探すように現場周辺を旋回していたヘリが、上空通水管で尾翼を跳ね上げたかと思うと、垂直に落下した。「あっという間」だったという。「みんな震えていた。何が何だか分からない」と驚きを隠せなかった。 近くに住む女通水管(60)は事故前、低空飛行するヘリに違和感を持った。周辺をよく飛ぶ自衛隊ヘリと比べ、「高度が低い」と感じたという。 機体の一部が落ちていくのを目撃した直後通水管、墜落。「ドッカーン」というごう音が響き、さらに複数回の爆発音が続いた。女性は「びっくりした。上空を米軍機が頻繁に飛ぶ沖縄の人たちの気持ちも分かる気がする」と、衝通水管撃を受けた様子だった。 現場近くにいた男性(80)は、バリバリという飛行音を聞いた後、炎が上がる様子を目撃した。「風がなかったので、立ち上った黒煙が垂直に通水管びていった」と振り返る。「村では上空をヘリがよく飛ぶが、今回は音がおかしかった」と話した。 別の住民女性(65)は、突然大きな音がして部屋の電気が消えたた通水管め外に出たところ、もうもうと上がる煙を目撃。機体はバラバラになり、燃料が飛び散ったためか広範囲で火の手が上がった。墜落現場の橋の下にも破片が散乱していたという。