通水管|<トランプ大統領>「我々を試すな」

 【ソウル高本耕太】韓国を訪問中のトランプ米大統領は8日午前、韓国国会で演説した。核・ミサイル開発を続ける北朝鮮に対し、「我々を過小評価し、我々を試そうとしてはならない」と強く警告し、中国とロシアを名指しして国際社会の圧力強化を要求通水管。そのうえで、ミサイル開発を放棄し、完全な非核化に応じるならば「北朝鮮にとって良い将来を提供する用意がある」と対話を呼びかけた。【松山選手も同行】安倍首相運転のカートで移動するトランプ氏ら ◇核放棄なら対話用意通水管 米大統領が韓国国会で演説するのは、「第1次朝鮮半島危機」のきっかけとなった北朝鮮による核拡散防止条約(NPT)脱退表明直後の1993年7月、クリントン元大統領が在韓米軍の駐留継続を約束する演説をして以来24年ぶり。 34分通水管間の演説でトランプ氏は、2010年の韓国哨戒艦沈没事件など「残虐な北朝鮮政権」の行為を列挙して指弾。さらに「外国人を拉致して、スパイのための語学教師として使う」と述べ、北朝鮮による拉致を非難した。 大陸間弾道ミサイル(ICB通水管)の開発については、「金正恩(ジョンウン)体制を安全にするものではなく、むしろ深刻な危険にさらすものだ」と主張。さらに「米国の都市を標的にした脅しには決して屈しない」と強調し、朝鮮半島近海に3隻の空母を展開していることにも触れ「力を通水管じた平和」追求の姿勢を改めて強調した。 トランプ氏はまた、北朝鮮に影響力を持つ中国とロシアにも言及し「北朝鮮という残虐な政権を孤立化させるため、責任あるすべての国家は、いかなる支援や補助、承認を断ち切らなければならない」と要通水管求。国連安全保障理事会の制裁決議の完全履行や外交関係の制限、貿易停止などの具体的行動を求めた。 演説では、朝鮮戦争以降の韓国の経済発展にたびたび言及。「南北朝鮮は同様の状態でスタートしたが、いまや韓国の経済規模は北朝鮮の40通水管だ」とし、「我々は悲惨な実験の結末を目のあたりにしている」と述べた。金氏に対しては「北朝鮮は君の祖父が描いた楽園ではなく、地獄だ」と述べ、「朝鮮半島のすべての人々が自由な社会に生きられる日を夢見ている」と語り、演説を締めくくった。