手機維修|座間9人遺体 被害者父「まだ信じてない」

神奈川県座間市のアパートで切断された9人の遺体が見つかった事件で、警視庁は、女子高校生3人を含む、新たに8人の身元を確認したと発表した。これで、遺体で見つかった9人全手機維修員の身元が判明した。 この事件は先月、座間市のアパートで切断された9人の遺体が見つかり、白石隆浩容疑者が、このうち1人の死体を遺棄した疑いで逮捕されたもの。手機維修 9人のうち、これまでに東京・八王子市の田村愛子さん(23)の身元が確認されていたが、警視庁は、ほかの8人についても特定した。 警視庁によると、新たに身元手機維修確認されたのは、神奈川県厚木市の三浦瑞季さん(21)、群馬県邑楽町の高校生・石原紅葉さん(15)、神奈川県横須賀市の西中匠吾さん(20)、埼玉県所沢市の大学生・更科日手機維修菜子さん(19)、埼玉県春日部市の藤間仁美さん(26)、福島市の高校生・須田あかりさん(17)、さいたま市の高校生・久保夏海さん(17)、横浜市のアルバイト・丸山一美手機維修ん(25)の8人。 現場に残された所持品やDNA鑑定などから、警視庁は、この8人の身元を特定したという。警視庁の調べに対し白石容疑者は、9人全員の殺害を認めて手機維修る。 一方、身元が判明した福島市の高校生・須田あかりさんの父親は10日朝、NNNの取材に「まだ信じていないから、実際に見ていないから」と、心境を語った。