手機維修|サファテ初正力賞

 プロ野球の発展に大きく貢献した野球人に贈られる「正力松太郎賞」の選考委員会が9日、都内で開かれ、ソフトバンクのデニス・サファテ投手(36)が選出された。05年にロッテ・バレンタイン監督が同賞を受賞しているが、外国人選手の受賞は初めて。シーズン記録を更新す手機維修る54セーブを挙げ、日本シリーズでは第6戦で3イニングをまたいでMVPを獲得した剛腕が、近年は慣例化していた「正力賞=日本一監督」を覆した。【写真】ソフトバンクNO・1ビール売り子まゆこさんが引退 日本球界最高峰の権威を誇る正力松太郎賞に「手機維修ニス・サファテ」の名前が刻まれた。選手が単独で選ばれたのは00年の松井秀喜以来。クローザーの選出は98年の佐々木主浩以来。外国人選手の受賞は初めて。慣例化していた「日本一監督への称号」を覆した。 議論は白熱した。日本一へしのぎを削ったソフトバンク工手機維修監督、DeNAラミレス監督に対する評価は揺るがない。特にリーグ3位から巻き返していったラミレス監督に対して「素晴らしいものがあった」の声が出た。討論が深まっていく過程で、中西太氏が「サファテの54セーブ。出てきたら必ず抑える。日本シリーズも3イニングまたい手機維修で、決着をつけた」と述べ、潮目を作った。 巨人菅野、西武菊池の名前も挙がって選考の幅が広がる中、間近でサファテを見てきたソフトバンク王球団会長が「体の手入れ、練習への姿勢。手本になっている。5、10年後に振り返っても、今年は彼の力投じゃないか」と語手機維修、最後は満場一致で決まった。 日本シリーズ第6戦、1点を追う9回から登板した。内川のソロで追い付くと延長戦も続投。3イニングを封じ込め、サヨナラでの日本一を呼び込み、王会長を男泣きさせた。樹立したシーズン54セーブの新記録以上に、魂のこもった投球が手機維修鎮たちの心にズシッと響き、正力賞の選考過程にまで届いた。 王会長 この十数年、日本一監督の流れができていたのでは。外国人選手、抑え。もっと幅広く考えていいのではないか。活躍すれば対象として議題に挙がる。ファンへのアピール度。サファテがふさわしい。