通馬桶|カタルーニャ前議長を拘束

スペイン司法当局は9日、東部カタルーニャ自治州議会のフォルカデル前議通馬桶長の身柄を拘束する決定を下した。 拘束は、15万ユーロ(約2通馬桶00万円)の保釈金を支払わない限り続く見通し。地元メディアが伝えた。通馬桶州内の独立派住民がさらに反発を強める可能性がある。 前議長は通馬桶議会が先月下旬に行った本国からの独立宣言に関与したとして国家反逆など通馬桶罪に問われ、首都マドリードの最高裁に出頭していた。この問題では州政府通馬桶のジュンケラス前副首相も既に拘束された。プチデモン前州首相はベルギー通馬桶出国し、ベルギー当局がスペインへの移送の是非について検討している。