通馬桶|タイで日本人4人死亡事故

タイのアユタヤで日本人観光客4人が死亡した事故で、ワゴン車が、時速92kmで走行していたことがわかった。この事故は、8日、アユタヤ通馬桶でトラックにワゴン車が突っ込んだもので、ワゴン車に乗っていた大阪府の成本勝彦さん(65)や、京都府の米今義夫さん(68)ら日本人4人と通馬桶、タイ人の女性ガイドが死亡したほか、運転手が重傷を負ったもの。運転手が所属するバス会社によると、ドライブレコーダーの解析では、事故通馬桶当時、ワゴン車は制限速度を2km上回る、時速92kmで走行していた。現場には、ブレーキの跡がなく、現地警察は、ワゴン車が速度を緩め通馬桶ずにトラックに追突したとみていて、運転手のけがの回復を待って、事情を聴く方針。一方、成本勝彦さんが理事長を務めるクリニックには、8通馬桶日夜、旅行会社から「事故に遭った可能性がある」と電話があった。成本さんは、休暇で娘の陽香さんと一緒にタイに行くと話していたというこ通馬桶とで、確認のために、家族が現地に向かっている。また、京都市の内科医・米今義夫さんは、7日から4日間、遅い夏休みを取っていた。米通馬桶今さんは、夫婦でタイに旅行中で、病院関係者に、「休みが長ければアメリカに行くことも考えたが、今回はタイに行く」と話していたという。