通馬桶|「ドクターX」脇役も破格ギャラ

女優・米倉涼子(42)が主演を務め、シーズン5を迎えたドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系、木曜午後9時)がぶっちぎりの独走中だ。今クール民放ドラ通馬桶マトップの視聴率で飛ばしまくり、CMスポンサー希望が殺到し、早くも続編の可能性が出ている。快進撃の要因として、共演陣の豪華さが指摘されているが、それもそのはず、ウハウ通馬桶ハなギャラ(推定)が判明した。【写真】ミニワンピに白衣で登場した“失敗しない女”米倉涼子 今クールの「ドクターX」は10月12日放送の初回から視聴率2通馬桶0・9%、第2話19・6%、第3話19・0%、プロ野球日本シリーズの裏となった第4話でも19・1%と、民放ドラマトップをひた走っている。「視聴率が取れない時代通馬桶にこの数字を叩き出しているのはすごい。今やテレ朝の木曜午後9時枠のCMスポンサーは、3年先の予約を入れているほどとも言われています。もちろん、3年先まで『ドクターX』通馬桶が放送されているか、何の確証もないのにですよ」(芸能プロ関係者) それにしてもなぜ「ドクターX」ばかりがここまで視聴者の支持を手厚く集めるのか。数々のドラマを通馬桶ヒットさせてきたドラマプロデューサーがその謎をこう語る。「もちろんヒロインが米倉だということと、『私、失敗しないので』といったシンプルでインパクトのある決めぜ通馬桶りふ、さらに役柄の魅力であることは間違いありません。ただ、それ以上に視聴者をひきつけてやまない芸達者な共演者が多数、出演していることが視聴率を引き上げているんです」