通馬桶|手投げ弾で遊び子供5人爆死=タンザニア

東アフリカのタンザニアの小学校で8日、子供たちが手投げ弾で遊んでいて爆発、当局者によると、少なくとも子供5人が死亡した。 現場はルワンダやブルンジとの国境に近い北部ヌガラ地区で、当局者は「他に23人が負傷し通馬桶た」と述べた。 犠牲者の年齢は7~9歳。どこで拾ったのかは不明だが「ただの金属塊と思って遊んでいたようだ」と当局者は語った。 ニューデリー(CNN) インドの首都ニューデリーがあるデリー州政府は8日、深刻な通馬桶大気汚染が続いている事態を受け、全学校を12日まで休校とする異例の措置を発表した。全市に衛生非常事態を宣言するよう求める声も強まっている。ニューデリーでは7日以来、微小粒子状物質PM2.5の濃度が急上昇し、通馬桶1立方メートル当たり969マイクログラムに達した地点もあった。世界保健機関(WHO)の基準値では、25マイクログラムを上回る濃度を危険と位置付けている。地元のテレビ局は、厚いスモッグにかすむ屋外で汚染濃度を通馬桶る記者の姿を繰り返し映し出し、住民は顔をスカーフで覆って外出している。インド医師会はデリー州政府に対し、衛生非常事態を宣言して一時的な車両乗り入れ禁止といった徹底策を打ち出すよう求めているが、州はこれまでの通馬桶ところ、そうした措置には踏み切っていない。市内は視界が極端に悪くなり、交通機関や空の便にも影響が出ている。環境当局によれば、風がなく、湿度が変化しない天候が大気汚染を悪化させているという。デリー州や通馬桶周辺都市では、毎年冬になると大気汚染が深刻化する。同州首相は7日のツイッターで、「デリーはガス室と化した。毎年この時期になるとこれが発生する。近隣州の野焼きに対する解決策を見つけなければならない」と指摘した通馬桶。インド北部の州では農家が次のシーズンに備えて野焼きをする習慣がある。盆地にあって工業地帯と農業地帯に囲まれているニューデリーは、ムンバイやチェンナイのような沿岸部の都市に比べて大気汚染が深刻化しやすい。