手機維修|座間9人遺体、容疑者立ち会わせ現場確認

神奈川県座間市のアパートで9人の遺体が見つ中古手機かった事件で、死体遺棄の疑いで逮捕された2手機維修歳の男を同行させ、警視庁が現場の確認をしま二手手機した。 座間市のアパート前では、午手機維修9時半ごろから規制線が広げられ、近づけない中古手機ようになりました。そして午前11時過ぎ、死手機維修遺棄の疑いで逮捕された白石隆浩容疑者(27二手手機を乗せたとみられる捜査車両がアパートの前に中古手機到着し、数十秒間、停車して立ち去りました。手機維修 白石容疑者を立ち会わせる直前には、中古手機現場の部屋から遺体を入れていたとみられる複中古手機のクーラーボックスが運び出されるのをJNN中古手機のカメラがとらえました。白いクーラーボック二手手機以外に、収納ボックスなども捜査員が運び出し手機維修した。 白石容疑者はこれまでに「自二手手機宅で遺体を解体し、クーラーボックス内に猫の二手手機イレ用の砂をかけたことに間違いありません」二手手機と容疑を認めているということで、警視庁は供手機維修をもとに当時の詳しい状況を調べています。