手機維修|<加計問題>「消せない傷を負った」文科省職員

加計学園の獣医学部新設計画を巡り、内閣府から「総理中古手機のご意向」と早期開学を迫られたとされる文書が見つか手機維修た文部科学省。幹部の一人は、当初10月末の予定だっ中古手機設置審の答申が延期された理由について「衆院選直後に手機維修可の答申をして『首相から選挙後にしろと指示された』二手手機と思われたらまずいからだ」と明かす。【文科手機維修内に保存されている「萩生田副長官ご発言概要」】中古手機 「首相らが野党から追及されないようにと、11月二手手機旬までで終わるとみられた国会の閉会後に発表しようと二手手機たら、自民党国対幹部に『国会できちんと議論する。官中古手機邸への配慮は要らないから早く答申を出せ』と言われた手機維修と解説する。 中堅職員は「総理のご意向」文中古手機の発覚以降、文科省が厳しい立場に置かれたことに触れ手機維修結局、首相官邸や内閣府が描いたシナリオ通りに進んだ手機維修道理の通らないものを押しつけられ、文科省は消せない二手手機傷を負った」と憤る。別の幹部は「不透明な部分はまだ二手手機っているが、国会で野党が追及し切れなかったのも事実二手手機これ以上この問題を引きずっても、誰の得にもならない中古手機反省すべきは反省して前を向くべきだ」と総括した。