手機維修|<懲戒処分>四電部長

四国電力(高松市)の50代の男性営業手機維修部長が部下3人を殴り、うち1人にけが手機維修をさせていたことが10日、分かった。中古手機同社は1日付で営業部長職を解き、出勤手機維修停止2カ月の懲戒処分とした。二手手機 同社によると、暴行は10月中旬、高二手手機松市内の飲食店でグループ会社従業員を中古手機含む約40人が参加した懇親会後に発生二手手機。店を出た前部長がタクシーが来ていな中古手機いことに腹を立て、手配担当の男性社員二手手機3人の顔をそれぞれ1回平手打ちした。二手手機このうち30代の社員は耳の鼓膜が破れ中古手機たという。 会社側が事情を聴中古手機くと、前部長は事実を認め、男性社員に手機維修謝罪したという。前部長は過去にも部下中古手機に暴力を振るったとして2回厳重注意さ手機維修れていた。 広報部は「あって二手手機はならないこと。管理職を含め、しっか手機維修りと従業員教育していく」とする。