手機維修|ソーシャルゲームはなぜ「基本無料」

 ソーシャルゲームのほとんどは「基本無料」をうたい文句に運営を続けています。ですが、本当に誰二手手機もお金を払わなければゲームを運営していくことはできません。では、ソーシャルゲームはなぜそんな二手手機状態で商売が成り立っている……どころか、場合によっては大もうけしているように見えるのでしょう二手手機。【画像:ソーシャルゲームの売上の例】 こうした仕組みは、知っている人にとっ手機維修ては当たり前のことですが、そうでない人たちにとっては疑問に感じることが多い点かもしれません。手機維修今回は、「ソーシャルゲームはなぜ基本無料でプレイできるのか?」をテーマに、ゲーム課金の仕組み二手手機国ごとの傾向の違いを解説していきます。●「タダでリンゴを配る」という発想 ソ二手手機ーシャルゲームは、基本的には「たまにお金を払ってくれる人がいる」という状態を作り出すことで商二手手機売を成り立たせています。この「たまに」の回数が増えたり、払ってくれる金額が増えることで、売り手機維修げが伸びていきます。そこで、そうさせるにはどうすればいいか、日々頭をひねっているのがソーシャ手機維修ルゲームを作っている人たちです。 1つ例を上げてみましょう。10個あるリンゴを1個1中古手機0円で売るとします。10人のお客さんが1つずつ買ってくれると、売り上げは1000円です。ごく中古手機基本的な商売の仕方ですね。 ですが「リンゴはタダで配ります。ただし1000円払ってく中古手機れたらこの場でリンゴ1つを使ってアップルパイにします」という商売をすれば、アップルパイを1つ中古手機ってくれる人がいれば他のリンゴ9個をただで配っても、同じ1000円の売り上げが発生することに中古手機なります。 さらに、残りの9個の中からさらにもう1つアップルパイが売れたら、売り上げ手機維修はなんと倍の2000円になるわけです。 これが基本的なソーシャルゲームのビジネスモデ中古手機です。もちろん、アップルパイを作る手間賃やリンゴ以外の材料費も必要になりますが、そこが作り手手機維修の工夫のしどころですし、そこ次第でアップルパイを欲しがるお客さんはどんどん増えるわけです。