手機維修|道警がアレフの宗教施設への家宅捜索始める 

 オウム真理教から改称した教団主流派「アレフ」の信者の30代の男が、アレフの名前を伏せた宗教勉強会の申し込み手続きで、契約書を結ばずに札幌の20代女性を入会させたとして、道警公安1課は13日午前、特定商取引法違反(書面不交付)容疑で、アレフ札幌白石施設(同市白石区)などの家手機維修宅捜索を始めた。道警は、女性をアレフに入会させる目的だったとみて関係資料を押収し、裏付けを進める。白石施設はアレフの施設で全国最大規模。道警がアレフの施設を家宅捜索するのは2000年に改称して以降初めて。 家宅捜索は白石施設や札幌施設(札幌市豊平区)のほか、道外を含む手機維修複数の施設で一斉に始めた。白石施設には午前7時20分ごろ、捜査員約40人が入った。プロ野球で来季から「チャレンジ制度」が導入されることが12日、分かった。大リーグ同様のシステムで、これまでは審判員が必要と判断した場合にのみ行われていたリプレー検証を、異議がある際に監督側からの手機維修要求が可能になる。リクエストの回数なども盛り込んだ「日本版チャレンジ」は、13日の実行委員会で正式に決定し、発表される。【写真】昨年の日本シリーズでは広島・田中の本塁突入がリプレー検証で覆って決勝点に 大リーグから遅れること4年。日本球界でも、監督が判定に異議手機維修唱え、審判員にリプレー検証を求めるシーンが現実になる。日本版チャレンジの導入。これにより、来季から試合の展開などが大きく様変わりする可能性が出てきた。 これまでも日本では、10年シーズンから本塁打かどうかの判定に限ってリプレー検証を実施。16年からは本塁でのクロスプレ手機維修ーなどに適用範囲が広げられた。しかし、これらが行われるのは、あくまで審判員が必要と判断した場合のみ。チーム側から検証を求めることはできなかったが、来季から導入される新制度は大リーグと同様のシステムとなる。 判定に異議があった際は、すぐさまそのチームの監督がリプレー検証手機維修を要求。判定に対して「チャレンジ」する権利が与えられ、それを受けて審判員が検証を行う形となる。新たな制度では1試合のうちに同一チームがチャレンジをリクエストできる回数も規定される見込みで、加えて本塁のクロスプレー以外、一塁など他のアウト、セーフの判定も対象になる予定だ。