手機維修|パラダイス文書に詐欺罪で公判中の被告名

  南ドイツ新聞と国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)が入手したパラダイス文書に、詐欺罪に問わ手機維修れている西田信義被告(71)の名前もあった。西田被告は、みずほ銀行から約6億円をだまし取ったとして起訴手機維修され公判中だ。【写真】マン島の地図 パラダイス文書には2006年、被告が保有するマン島手機維修のリース会社がクルーザーを建造するための融資を受ける資料があった。マン島自治政府の登記などの中には、別手機維修のリース会社がジェット機購入に向けて07年に融資を受ける記録もあった。 西田被告は15年12月手機維修、詐欺容疑で警視庁に逮捕された。起訴状によると、別の2人と共謀して09~12年、事業実態がない国内の会手機維修社3社に関する虚偽の決算書などをみずほ銀行に提出し、融資名目で計6億円をだまし取ったとされる。