通馬桶|トランプ氏、プーチン氏の選挙介入否定

【AFP=時事】ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は12日、昨年の米大統領選へのロシア介入疑惑について、介入はあったと結論付けた米情報諸機関を通馬桶支持すると述べる一方で、より良い米ロ関係に反対するのは「愚か者」だと断じた。【写真】トランプ、プーチン両大統領、歓迎夕食会で握手 APEC首脳会議 通馬桶同選挙でのロシアとの共謀疑惑をめぐっては、現在トランプ大統領の元側近らに対する捜査が進められている。 アジア太平洋経済協力会議(APEC)出席のためベトナム通馬桶訪問中のトランプ氏は11日、ロシアのウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)大統領が、ロシア政府が選挙に影響を及ぼそうとしたことは決してないと主張した通馬桶ことを受けて、プーチン氏の言葉を信じると話していた。 翌12日、首都ハノイで記者会見に臨んだ際、この発言に対し説明を求められたトランプ氏は、「私が思っている通馬桶のは、彼(プーチン氏)とロシアは選挙に介入しなかったと感じているということだ」と述べた。 その一方で、「私がそれを信じるか否かについては、私はわが国の機関と通馬桶意見だ。私はわが国の情報諸機関を信頼している」と続けた。 だがツイッター(Twitter)への連続投稿では、ロシアとの関係改善を目指す自身の努力を疑問視する通馬桶「嫌う者らと愚か者ら」を非難した上で、「私は北朝鮮、シリア、ウクライナ、テロの問題を解決したい、そしてロシアは大いに助けることができるのに!」という見方を示した。