通馬桶|<シリア>ISが拠点を再制圧

【カイロ篠田航一】シリアのアサド政権軍が過激派組織「イスラム国」(IS)からの奪還を9日に宣言した東部アブカマルで、IS通馬桶が反撃を開始し、12日までに市街地の大部分を再び制圧した。在英の民間組織・シリア人権観測所が明らかにした。中東の衛星テレビ通馬桶アルジャジーラは「ISが再びアブカマルの60%を奪還した」と伝えており、依然として激しい攻防が続いている模様だ。【通馬桶写真特集】避難民、消えないISの恐怖 アブカマルはシリア国内に残るIS最後の拠点都市。IS戦闘員は撤退したと見せか通馬桶、市街地に進軍してきた政権軍を待ち伏せ攻撃し、戦闘が再開しているという。 一方、アサド政権を支援するレバノンのイス通馬桶ム教シーア派組織ヒズボラ系のメディアは10日、IS最高指導者バグダディ容疑者の生存がアブカマルで確認されたと伝えたが、拘束通馬桶されたかどうかについては明らかにしていない。バグダディ容疑者を巡っては過去に何度も死亡説が流れたが確認されていない。ISは通馬桶月、バグダディ容疑者の「肉声」とされる声明をインターネット上に公開し、「勝利には忍耐が必要」と戦闘継続を呼びかけている。