手機維修| ロ国防省、米IS支援の証拠

 【AFP=時事】ロシア国防省は14日、米国が中東でイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」を支援している証拠だとして複数の白黒画像をインターネット上に投稿したが、うち1枚がテレビゲームの画面をキャプチャーしたものだとの指摘がなされた手機維修後、画像を削除した。【図解】米大統領選のロシア介入疑惑について、IT大手3社の米議会での証言をまとめた図 同省はツイッター(Twitter)とフェイスブック(Facebook)の公式アカウントに画像を投稿し、今月9日に手機維修リア・イラク国境付近で撮影された「米国がIS戦闘部隊を支援していることを示す反論の余地のない証拠」だと説明した。 しかし間もなく、ロシアの調査サイト「コンフリクト・インテリジェンス・チーム(Conflict Intellige手機維修ce Team)」や、多くのソーシャルメディア利用者によって、このうち1枚が戦争ゲーム『AC-130 Gunship Simulator: Special Ops Squadron』の画面と一致することが明らかにされた。 残り手機維修画像についても、イラク国防省が昨年公開した動画をキャプチャーしたものとみられている。 その後、一連の画像はアカウントから削除された。さらに数時間後、ロシア国防省は「間違い」があったとして別の画像を公開。これらの画像は米国による手機維修S支援の「反論の余地のない証拠」だと主張した。 ロシア当局の声明によれば、同省は「間違って」画像を添付した軍属を調査しているという。 ロシア軍当局は「11月9日に米軍司令部がISIL(イスラム過激派組織「イスラム国(I手機維修)」の別称)への攻撃を拒否したことは、会話の文字記録として残された確かな事実だ」と主張している。 一方、在ロシア米国大使館はツイッター上で、ロシア国防省の主張は「無意味」だと一蹴。米国防総省もロシア側の主張を断固否定している