手機維修|「カンロ飴」60年ぶりリニューアル

 心機一転、リニューアル。創業105年を迎えたキャンディーの老舗ブランド「カンロ」が、40年ぶりにロゴを刷新した。キャン手機維修ディーをシンボルマークにし、主力商品である「カンロ飴(あめ)」の色を、コーポレートカラーとした。糖質制限ブームなどを受けて、手機維修市場が落ち込む中、あらためて糖が持つ素材そのもののおいしさや、糖の機能性を重視した事業展開をしていくとしている。また、201手機維修年秋から、発売以来60年ぶりに「カンロ飴」をリニューアルし、素材にこだわり、アミノ酸を使わずに、砂糖、水あめ、しょうゆのみで作る手機維修ことも合わせて発表した。カンロの三須和泰代表取締役社長は、「やはり、われわれは糖から逃げられないし、糖というのは、体にとって手機維修常に大切なものなんだから、そこから逃げない。『糖と歩む』というのを社員全員が一致して、会社としては、それで行こうと考えた」と話し手機維修た。カンロは、今後、新しいコーポレートスローガンのもと、アジアを中心に海外展開を本格化し、売り上げ拡大を目指すとしている。