通馬桶|神戸製鋼、新たに3製造所で法令違反か

 神戸製鋼所が検査データを改ざんしていた問題で、新たに3つの製造拠点で、JIS=日本工通馬桶業規格に関する法令に違反した疑いがあることがJNNの取材でわかりました。 神戸通馬桶鋼のグループ内で、工業製品の安全性を示すJISに関する法令に違反した疑いがあるのは、栃通馬桶木県の「真岡製造所」、山口県の「長府製造所」、そして、北九州市の「神鋼メタルプロダクツ通馬桶の3つの製造拠点です。これは認証機関の審査で明らかになったもので、3つの製造拠点は現在通馬桶JISマークのついた製品の出荷を自粛しています。今後、認証機関の判断次第ではJISの認通馬桶証が取り消されたり、一時停止となる可能性があります。 神戸製鋼では先月、神奈川通馬桶にある子会社の工場のJIS認証が取り消されたばかりで、不正の影響が広がっています