通馬桶|「ユニクロ潜入1年」で見えた現場の疲弊

 アルバイトとして潜入取材を敢行し、このほど「ユニクロ潜入一年」(文藝春秋)を発表したジャーナリストの横田増生氏。現場から見たユニクロの今と、柳井正・ファーストリテイリング社長について、語ってもらった通馬桶。(聞き手/ダイヤモンド・オンライン編集部 津本朋子)● ユニクロ店舗の仕事は なぜしんどいのか? ──1年間でイオンモール幕張新都心店(千葉県千葉市)、ららぽーと豊洲店(東京都江東区通馬桶、そして、超大型店であるビックロ(東京都新宿区)の3店舗に潜入したわけですが、本を読むと、なかなかどこもしんどい職場ですよね。 ユニクロの決算数字を追っていけば分かりますが、国内ユニクロ事業に通馬桶関しては、対売上高人件費比率をだいたい10%前後に抑えています。そうやって利益を確保しようという戦略だから、ヒマな時期は「早く帰ってくれ」となるし、逆に繁忙期にも人手を増やすのではなく、今いる人数でヘ通馬桶ヘトになるまで働け、となるわけです。 でもね、僕は人件費はその他の経費とはやっぱり違うと思うんです。だって人の心がついている経費だから。その先にはリアルの従業員がいて、彼らの生活がかかっている通馬桶本にも書きましたが、関西でアルバイトをしていたシングルマザーの女性は、ヒマな日はシフトの途中でも帰ってくれと言われる一方、ギリギリまでシフトを削っておいて、当日に回らないとなると「お願いです!!!!」通馬桶と悲鳴のような出勤要請がLINEで送られてくる日々で、「本当に振り回された」と涙声で話してくれました。 ──ユニクロはSPA(製造小売り)で成功した企業で、それまでのアパレル業界で一般的だった通馬桶幾重にも挟まっている中間流通業者を整理したという意味では画期的だったと思うのですが、店舗のオペレーションに関しては、驚くほど前時代的というか、人海戦術でなんとか乗り切ろう、という根性論に見えました。