通水管|安保理緊急会合、米へ批判相次ぐ

8日に行われた国連安保理の緊急会合では、普段はアメリカと歩調を合わせるイギリ通水管スをはじめ、ヨーロッパ諸国も反対を表明するなど、アメリカに批判が噴出。日本も通水管、中東情勢の不安定化に懸念を示しました。 「エルサレムを首都と認定し通水管問題を受けて、国連では安保理緊急会合が始まります。国際社会でも、動揺と波紋が通水管広がっています」(記者) 「エルサレムへの米大使館移転と一方的な“首通水管都”の認定というアメリカの決定には反対です」(イギリス ライクロフト国連大使通水管 一方、アメリカのヘイリー国連大使は「大統領がアメリカ国民の意思を実通水管行に移したまでだ」などと正当化し、イスラエル寄りの姿勢を鮮明にしています。