通水管|<トランプ政権>パウエル大統領副補佐官が辞任へ

米ホワイトハウスは8日、ディナ・パウエル大統領副補佐官(国家安全保障問題担当)が年明けに辞任すると表明した。中東情勢を中心にトランプ政権の外交政策で主要な通水管役割を担ってきたパウエル氏の辞任について、ホワイトハウスは「当初の予定通り」と説明している。 パウエル氏はエジプト出身でアラビア語が堪能。米金融大通水管ゴールドマン・サックス幹部だった今年1月、トランプ大統領の補佐官兼上級顧問(経済担当)に起用されて、兼務してきた。当初は女性起業家支援の分野などをトランプ通水管氏の長女イバンカ補佐官と担当していたが、次第に外交政策を中心に担うようになった。 トランプ氏の5月の中東歴訪の実現に深く関わり、クシュナー上級顧問通水管ともに中東和平担当チームの一員でもあった。エルサレムをイスラエルの首都と認定するトランプ政権の決定が辞任の決断に影響したかは定かでない。サンダース大統領報通水管道官は声明でパウエル氏が「政権発足1年(来年1月20日)までに地元ニューヨークに戻る計画だった」と説明した。 パウエル氏は、トランプ政権内で国際協通水管を重視する「グローバリスト派」の一角と目されてきた。同じくグローバリストのティラーソン国務長官やコーン国家経済会議(NEC)委員長、イバンカ・クシュナー夫通水管妻も近く政権を去るとの観測が広がっており、経済ナショナリスト派や保守強硬派らとの間で拮抗(きっこう)してきた勢力バランスが崩れる可能性も指摘されている。