通水管|窓枠落下のヘリを調査

 沖縄県の宜野湾市立普天間第二小学校の校庭に、米海兵隊のC通水管H53E大型輸送ヘリの窓枠が落下した事故で、県警宜野湾署な通水管どは14日、米軍普天間飛行場内に立ち入り、事故機を調査した通水管。  事故を受け、県警が米側に調査への協力を要通水管請し、米側が応じた。署員らが写真を撮影するなど確認作業を行通水管ったという。 同署は落下した窓枠を回収し、詳しく調通水管べている。金属製で約90センチ四方、重さは7.7キロだった通水管。体育の授業中、児童らから十数メートルの場所に落下した。