通水管|川崎V旋風吹いた、風呂おけもうかった

今季のJ1で、史上10クラブ目のリーグ優勝を果たした川崎が、想像以上の優勝効果を実感している。記念グッズの爆発的な売り上げに加え、手に入る優勝賞金などは総額22億円だ。通水管【写真】J1初優勝を決め、フロおけを掲げる鬼木監督 大宮を5―0で下し、J1初優勝を決めた2日の等々力競技場。鬼木達監督や主将のFW小林悠らが、優勝シャーレ(銀皿)通水管代わりに高々と掲げたのが、底にシャーレの模様が刻印された、ひのき製の「フロ(風呂)おけ」。本物のシャーレは、鹿島が試合をしていた静岡県磐田市に運ばれていた。 チーム名通水管フロンターレと「風呂」をひっかけ、地元の銭湯44軒でつくる浴場組合と協力して、地域密着型のイベントを実施してきた。「サポーターの人たちにもシャーレを掲げる喜びを味わってもらい通水管かった。おけなら、お風呂の中で毎日掲げてもらえると考えた」と担当者。記念グッズとして1個4536円(税込み)で売り出したところ、風呂おけを持って喜ぶ選手らの姿が話題を呼び、2通水管個に迫る注文が寄せられている。昨季、MF中村憲剛がリーグの最優秀選手に選ばれたことを記念して漆塗りの風呂おけをつくったが、50個ほどしか売れなかったのと比べ、「特需」に沸いて通水管る。 このほか、Tシャツやマグカップ、トイレットペーパーなど25品の記念グッズを用意。数量限定のTシャツが発売初日で売り切れたほか、1体で42万1200円(税込み)す通水管クラブマスコット「カブレラ」の純金人形にも11個の注文があった。昨季のグッズの総売り上げ4億円弱のクラブが、優勝記念グッズだけですでに1億円以上を売り上げている。。