通水管|市川雄一氏死去=元公明書記長、82歳

公明党の書記長などを務めた市川雄一(いちかわ・ゆういち)元衆院議員が8日死去した。通水管 82歳だった。葬儀は近親者で済ませた。自民党時代の小沢一郎氏と深めた関係は「通水管一・一ライン」と呼ばれ、1993~94年の非自民連立の細川、羽田両政権では、当時新生通水管党代表幹事だった小沢氏とともに中軸を担った。 横浜市出身。公明新聞編集局長な通水管どを経て、76年の衆院選で公明党から旧神奈川2区に立候補し、初当選。連続9回当選し、通水管2003年に引退した。 公明党で国対委員長などを歴任し、89年に書記長に就任通水管、約5年半務めた。2大政党制を目指し、94年の新進党結成に参画。97年の同党分裂後は通水管公明党の常任顧問などを担った。国連平和維持活動(PKO)協力法の成立にも尽力した