通水管|「就職支援」業者 留学生返金トラブル続発

外国人留学生向けの「就職支援」としてビジネスマナー講座などを実施する東京・神田の研修業者のグループが、「内定保証」「返金保証」などをうたいながら返金に応じないとして、複数の留学生とトラブルになっていることが16日、関係者への取材で分かった。一部で契約通水管料返還を求める訴訟に発展しており、代理人は「無許可で事実上の有料職業紹介事業を行っている」と指摘。業者側は争う姿勢を示しており、訴訟の行方が注目される。 関係者によると、元留学生のネパール人男性は、日本語学校在学中の平成28年にこの研修業者と通水管約。男性は当時、「技術・人文知識・国際業務」の在留資格で働くために会計系の仕事を探していたところ、業者から「4カ月で満足のいく仕事を探す」「内定後はビザの取得も行う」などと説明を受けたという。 男性は契約料として約50万円を支払い、「内定保証通水管「返金保証」をうたうコースを申し込んだが、紹介されたのはラーメン店での単純労働などの仕事が2件だけ。想定していた仕事と異なるため断った。 さらに業者から「うちの職員としてビザをとり、仕事探しを続ける方法もある」と言われ、納得できずに返金を要求通水管業者が応じなかったため今年10月、業者に契約料返還を求める訴訟を東京地裁に起こした。 関係者や内部資料によると、研修業者は「就職支援サービス」として、ビジネスマナー講座や日本語テストを数十万円で提供。23年ごろから事業を開始し、業者が傘下に入通水管グループは大阪や名古屋にも拠点を持つ。 厚生労働省によると、職業安定法では有料で職業紹介をする場合、許可が必要だが、研修業者は許可を得ていない。契約書面では「職業紹介はしない」と明記し、就職支援の一環として「インターンシップ」を行うとしている通水管ただ、元留学生の男性の代理人を務める指宿(いぶすき)昭一弁護士は、実際には就職先やアルバイト先として留学生に個別に飲食店やビル管理会社を紹介し、面接などを受けさせている-と主張する。 指宿弁護士は「事実上の有料職業紹介事業」とした上で、「違法通水管業態を合法的に見せかけ、知識が不十分な外国人を食い物にしている」と指摘。男性の事例について東京労働局にも情報提供した。男性は「職業紹介所だと思って契約したのにだまされた。当時は制度や求職の方法をよく知らず日本語も未熟で、そこにつけこまれた」と憤る。