通水管|谷垣氏退院、リハビリは続行

 昨夏の自転車事故で負傷し、政界を引退した自民党前幹事長の谷垣禎一氏(72)が通水管28日までに、リハビリ治療を受けていた都内の医療機関を退院した。 谷垣氏の通水管族によると、谷垣氏は現在都内の自宅に戻っており「今後もリハビリを続けていく」と通水管いう。 谷垣氏は1983年の衆院旧京都2区補選で初当選。小選挙区比例代表並通水管制となった96年以降は京都5区から立候補し、計12期務めた。幹事長だった昨年7通水管、都内でサイクリング中に転倒。頸髄(けいずい)損傷で手術を受け、入院しながらリ通水管ハビリを続けていた。 今年10月の衆院選には立候補せず、入院の長期化で「十通水管活動できなかったことは遺憾だ」と政界を引退する趣旨のコメントを発表していた。