通水管|大久保嘉人、2年ぶりに川崎復帰!

 FC東京に所属するFW大久保嘉人が、川崎フロンターレへ完全移籍で加入することが決まった。両クラブが29日に発表している。 現在35歳の大久保は、2013年から2016年まで川崎でプレー通水管した。加入1年目から3年連続でJ1リーグの得点王を獲得し、昨季も明治安田生命J1リーグで全34試合中33試合に出場して15ゴールを記録。4年連続の得点王獲得とはならなかったが、日本人選手トップタ通水管イの得点を挙げた。 そして今季開幕前、FC東京へ完全移籍加入。新天地ではJ1リーグ戦28試合に出場して8ゴールを記録した。キャリア通算でJ1リーグ通算179ゴールと歴代最多記録を保持して通水管るものの、5年ぶりに二桁得点には届かなかった。 移籍にあたり、大久保はFC東京の公式HPにて以下のようにコメントしている。「自分なりにサッカーと向き合い、様々なことを考えた1年で通水管した。1年間という短い時間でしたが、ファン・サポーターのみなさんに温かいご声援をいただいたことに、感謝しています。本当にありがとうございました」 また、2年ぶりに復帰する川崎の公式HPで通水管「まずは、またフロンターレでサッカーができることを嬉しく思っています。覚悟を持って、チームのために結果を残す。今は、それしか考えていません。そのために、自分の持てる力を出し尽くし、さらに成長して通水管けるよう、日々努力していきたいと思います」とコメントした。 大久保は1982年生まれ。国見高校出身で、2001年にセレッソ大阪に加入した。2003年に日本代表デビューを果たし、2004年通水管にはアテネオリンピックに出場した。同年11月、マジョルカへのレンタル移籍が決定。2005年1月にリーガ・エスパニョーラでデビューを果たすと、2005-06シーズンも同クラブでプレーした。