手機維修|「業者から金受け取る」

  日本相撲協会は28日、危機管理業務などを委託していたコンサルティング会社「エーティーアンドシージャパン」(東京、手機維修清算手続き中)と、同社代表の協会元顧問(62)を相手取り、計約1億6500万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こ手機維修たと発表した。 提訴は25日付。 訴状によると、元顧問らは業務委託期間中の2012年2月~16年1月手機維修国技館改修工事の施工会社から8000万円、力士名の利用を巡りパチンコメーカーの仲介業者から1700万円をそれぞれ受け手機維修取るなど、背任的な行為を繰り返したとしている。協会は、業務委託料計約8500万円相当の損害や信用毀損(きそん)などに手機維修する賠償を求めた。 協会は元顧問らの財産の仮差し押さえも地裁に求め、認められたという。 エーティーア手機維修ドシージャパンは28日、「訴状を読んでいないのでコメントは差し控える」などとする元顧問のコメントを発表した。