手機維修|市販FF車世界最速のホンダ

ホンダ・シビックタイプRの初代モデルが登場したのは1997年のこと。6代目シビックEK型に初めて設定されたこのモデルは、それまでNSX-Rやインテグラ・タイプRで培ってきた「タイプRの文法」をそのままコンパクトカーのシビックで実現したものだった。 その文法とはまず、搭載エンジンに手機維修徹底的なチューニングを施して高回転化を実現。これによって1.6LのNA(自然吸気方式)ながら最高出力は185psと、リッターあたり100ps以上を達成した。そして文法その2として、走りに不要な部品は限りなく剥ぎ取り、徹底的な軽量化を行なった。これにより、1040kgという軽量ぶりを実現し手機維修いた。 超高回転を可能としたハイチューンのNAユニットを搭載し、徹底的な軽量化を図るというタイプRの文法によって、シビック(と他のタイプRモデルたち)は、速さはもちろん、走らせた時にドライバーのエモーショナルな部分を刺激する、操る楽しさと気持ち良さを究極的に味わえる1台に仕上がっ手機維修いた。 あれから20年が経ち、いま目の前にあるシビックタイプRは、かつてとは全く異なる存在感を示して佇んでいた。 なぜならシビックタイプRは1997年の登場以降、軽量化と究極のNAユニットで研ぎ澄まされ、ドライバーのエモーションを刺激し続けてきたが、2015年に登場した4手機維修目となる先代モデルにおいて、大きく路線を変更したからである。 ドイツの自動車開発の聖地、ニュルブルクリンクのノルドシェライフェ(北コース)において、FF車最速を目指すというコンセプトのもと開発されたのだった。当時最大のライバルとされたルノー・メガーヌを打ち破るために選択したパワー手機維修ニットは、2.0Lの排気量を持つ直列4気筒ターボ・エンジン。これを実に310psへと性能アップして搭載した。そしてこの時から、シビックタイプRはハイパフォーマンス志向のFFスポーツへとコンセプトを変えた。 そして実際にこのモデルは2015年3月、1周約20kmとなる屈指の難コース手機維修あるニュルブルクリンク・ノルドシェライフェで、7分50秒63というラップタイムでルノー・メガーヌRSの記録を打ち破り、ニュルブルクリンクFF最速の座についたのだった。 しかしその後、この座はVWゴルフGTIクラブスポーツSの7分49秒21というラップタイムで奪われたのだった。