通水管|偽装結婚に隠れる中国の同性カップル

【AFP=時事】シャオションさん(35)と彼女の同性パートナーは、お互いの関係についてそれぞれの両親に言わないことを決めたとき、自分たちと「形式上の結婚」をしてくれる相手を探すことにした。2人通水管が結婚相手として限定したのは男性の同性愛者だ。【関連写真】手をつないで公園を歩くシャオションさんとシャオツィンさん 中国では同性結婚は法的に認められておらず、同性愛はタブーとされて通水管る。そのような中で、こうした便宜上の結婚条件に合致する相手を探し出すのは非常に困難だ。そこでシャオションさんは、インターネットでお見合いフォーラムを立ち上げ、そこで自分らと同じ境遇にある人々を家族通水管社会の圧力から逃れられるよう手助けすることを決めた。 プライバシー保護のため名字を伏せて取材に応じた自称「おてんば」のシャオションさんは、「かわいそうな異性愛者男性との結婚という状況に陥る通水管となく、両親を喜ばせる方法があってほっとした」と語るが、「中には、自分自身もだませたら良かったのにと思う人もいる」ことも説明した。 彼女は、パートナーのシャオツィン(Xiaojing)さん通水管36)と犬と猫2匹と一緒に、国内の保守的な地域の一つである北東部の遼寧(Liaoning)省の省都、瀋陽(Shenyang)で暮らしている。 だが祝祭日や特別な行事の際には、2人は別々に行通水管する。それぞれの夫や家族と過ごし、伝統的な妻を演じるのだ。 中国では、公に同性愛者でいることはいまだに困難が伴う。一部には、同性愛者の娘や息子を「矯正治療」を試みようと、医療施設に自分たち通水管子どもを連れていく両親たちもいる。同国では同性愛は2001年まで精神疾患として扱われ、1997年までは犯罪とされていた。その間、当局は同性愛者の権利向上を求める活動家らを何人も逮捕してきた。