通水管|合格祈願お守りに微量の有害物質

列車の滑り止めに使う砂を合格祈願のお守りにする「すべらサンド」の一部に微量の有害物質が含まれていたことが判明し、JR西日本金沢支社が福井県通水管内での配布を取りやめたことが5日、分かった。同支社は「自然界に存在する物質で健康への影響もないが、受験生の安全を考慮した」としている。通水管【動画】昨年配布したすべらサンド 「すべらサンド」は、JR山口線を走る蒸気機関車(SL)が急勾配を上る際に滑らないよう動輪とレール通水管の間にまかれている砂を神社で祈願し小袋に詰めたお守り。受験の縁起物として、県内ではJR福井駅などで2003年から無料配布されていた。同県嶺南通水管では「すべらない砂(さ)」として手渡されていた。昨年は県内6駅で計1854袋を用意、配布前に行列ができる人気ぶりだった。 同支社によ通水管ると、山口県内から取り寄せた砂をJR西日本本社(大阪市)が昨年12月に初めて検査したところ、一部に発がん性物質を有する「結晶性シリカ」が含ま通水管れていることが分かった。 結晶性シリカは自然界に存在し「長期間、大量に吸引しない限り問題ない」(同支社)ものの、念のため使用を見送っ通水管た。砂の代替物を検討したが入手の調整がつかず、来年以降の実施も未定という。JR福井駅は昨年12月27日から中止を知らせる張り紙を掲示した。