通水管|日本海側は広く雪 西日本でも大雪に警戒

 きょう10日(水)は冬型の気圧配置が強まり、上空には強い寒気が流れ込む。北日本を中心に暴風雪や暴風、高波に警戒が必要だ。また、北日本から西日本の日本海側を中心に、大雪による交通障害やなだれに警戒・注意する必要がある。通水管 低気圧が発達しながら千島近海を北東に進んでおり、日本付近は冬型の気圧配置が強まっている。また、北日本の上空約5000メートルには、-36℃以下の強い寒気が流れ込んでいる。強い冬型の気圧配置は、12日(金)頃まで続く見込通水管みだ。日本海側は広く雪 西日本でも大雪に警戒10日正午の風と雪や雨の予想。<暴風雪・暴風・高波> 北日本の日本海側を中心に、きょうは猛ふぶきとなり、12日頃にかけてふぶく所がありそうだ。また、北日本と通水管北陸地方の海上では、大しけとなる見込み。■あす11日にかけて予想される最大瞬間風速北海道     35メートル東北      30メートル■あす11日にかけて予想される波の高さ北海道    7メー通水管トル東北、北陸  6メートル 北日本の日本海側を中心に、猛ふぶきや吹きだまりによる交通障害、暴風、高波に警戒が必要だ。日本海側は広く雪 西日本でも大雪に警戒11日朝までの予想降雪量。<大雪>通水管 北日本から西日本の日本海側を中心に、12日頃にかけて大雪となる所がある。■あす11日朝までの予想降雪量(多い所)北陸           60センチ北海道、東北、中国    50センチ東海      通水管     40センチ関東甲信、近畿、九州北部 30センチ四国           20センチ九州南部         15センチ その後も降雪量は多くなる見込み。大雪による交通障害やなだれに警戒・注意が必通水管要となる。また、西日本の平地でも雪の積もるおそれがあるため、農作物やビニールハウスなど農業施設の管理、電線や樹木への着雪にも注意したい。(10日9:25追記)記事中の地名に誤りがあったため訂正いたしました。