通水管|なぜ今、米軍機の事故が多発しているのか

米軍航空機の事故が多発する背景には、北朝鮮情勢の悪化のほか、2003年の対イラク戦争から対アフガニスタン、対シリアと15年間に及ぶ米軍の「戦争疲れ」、さらに軍事費削減による整備通水管不足といった指摘が上がっている。【表】2016年12月のオスプレイ墜落事故以降に起きた沖縄関連米軍機事故◆北朝鮮情勢の悪化 海兵隊は、15年の朝鮮有事作戦計画通水管で指導陣の暗殺や生物・化学兵器、核兵器を無力化する限定戦争計画へと役割を変えた。夜間飛行や高高度からのパラシュート降下など、より危険を伴う特殊な訓練が増えたのが特徴と言える。通水管 軍事評論家の前田哲男氏は北朝鮮情勢が緊迫化する中、在日米軍で唯一の地上戦闘部隊である海兵隊の即応体制を強めるために訓練が激化し、事故やトラブルの要因になっているとの見方を強通水管める。 中東で戦いつつ、極東の有事に備える「二正面作戦」が機材や兵員にストレスを与えると強調。海軍イージス艦の事故が相次いだのもその現れで「北朝鮮有事が追い打ちをかけてい通水管るのでは」と分析する。一方、海兵隊が沖縄で駐留、訓練する必要性はないとの認識で、「北朝鮮の脅威を理由に沖縄での事故、トラブルが正当化、矮小(わいしょう)化されてはならない」と警鐘通水管を鳴らした。◆予算削減で整備士不足 安全保障が専門で、沖縄国際大学非常勤講師の山本章子氏は軍事費に目を向ける。オバマ政権で10年に約142万人だった米軍兵力は、16年通水管米会計年度末には約130万人まで削減。トランプ政権でさらに4400人減った。海兵隊は現状維持だが、任務が増えたため、「適切な能力を持つ整備士が不足している」と議会で報告された。