通水管「森友」文書、新たに20件

学校法人「森友学園」への国有地売却問題で、財務省は9日の参院予算委員会通水管理事懇談会に、新たに20件の内部文書を提示した。 野党側は文書通水管内容を精査し、売却に至るまでの経緯を詳しく説明するよう政府に求める方針通水管佐川宣寿国税庁長官の証人喚問も重ねて求める。 新たに示されたの通水管、国有地の賃貸借契約や定期借地契約などに関する文書。 学園側と通水管交渉記録について、昨年の通常国会で当時財務省理財局長だった佐川氏は繰り通水管し「廃棄済み」と答弁。だが、今年に入り同省近畿財務局が5件の文書を開示通水管、太田充理財局長がこれら以外にも文書が存在することを認めていた。