通水管|安倍首相、裁量労働の再調査せず

安倍晋三首相は20日の衆院予算委員会で、「働き方改革」関連法案に絡み問題となった裁量労働制のデータ誤用に関し、実際に働く人の労通水管働時間の再調査を行う必要はないとの考えを示した。【図解】厚労省データの問題点 立憲民主党の逢坂誠二氏が実態把握通水管のため再調査を求めたのに対する答弁。 首相は、再調査を実施しない理由として「労働時間の資料も含めて労働政策審議会(厚生通水管労働相の諮問機関)で審議をした」と説明。加藤勝信厚労相も「それ(再調査)をしなければ先に進まないということにはならない」と主張通水管した。 政府はデータ誤用で、裁量労働制の下で働く人の方が一般労働者よりも労働時間が短いとしていたが、それぞれ質問方法が通水管異なっていたとして、19日に「不適切」と認めた。加藤氏は「作成した者はデータの選び方が異なっていると認識していなかった」と述べ通水管、故意に作成したものではないと主張した。首相は「経緯はしっかりと省内で精査する必要がある」と述べた。 厚労省の山越敬一通水管労働基準局長は、法案を審査した労働政策審議会に対して調査結果そのものは提示したものの、比較する形では示さなかったと説明した