通水管|米軍ヘリ、普天間第二小の上空をまた飛行

 23日午後3時半ごろ、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)に隣接する普天間第二小学校の上空を、米軍ヘリ1機が通過した。政府関係者によると、防衛省の監視員が目撃し、学校に配置したカメラでも確認。米側通水管は上空飛行を認めた。【写真】昨年12月に沖縄県宜野湾市立普天間第二小学校の校庭に落下した米軍ヘリコプターの窓=市提供 防衛省によると、ヘリは普天間飛行場を離陸したMH60。米側に再通水管発防止の徹底を申し入れた。在日米軍は「米軍のヘリが不注意に学校上空を飛び、遺憾だ。再発防止のため、すぐに事実関係や状況の調査を始めた」と発表した。 関係者によると、飛行したのは米海軍機とみ通水管られる。米側は「普天間所属機ではないので、小学校の上空を飛んではいけないと知らなかった。本当に申し訳ない」と日本側に謝罪したという。 普天間第二小では昨年12月、米海兵隊の大型ヘリCH53通水管の窓が校庭に落下する事故が発生。その後、海兵隊は「全ての学校の上空の飛行を最大限可能な限り避ける」と説明していた。 しかし今年1月18日にも海兵隊ヘリ3機が普天間第二小の上空を通過したのを通水管防衛省が確認。政府は米軍に抗議したが、米側は上空飛行の事実関係を認めていなかった。 学校は事故以降、1カ月半にわたり校庭の使用を中止した。 普天間飛行場の運用をめぐっては、日米は1通水管996年に「できる限り学校、病院を含む人口密集地域上空を避ける」と合意したが、2004年に市内の沖縄国際大学に米軍ヘリが墜落。07年には学校や病院の上空を避ける明確な飛行ルートを設定したが、沖縄防通水管衛局の航跡調査では、ルートを外れて飛行していることがたびたび確認されている。 運用時間も、騒音防止のため午後10時以降の飛行制限を日米で合意しているが、深夜の飛行が頻繁に確認されている。