通水管|制裁効果なしなら…軍事行動含む強硬措置も

アメリカのトランプ政権は23日、北朝鮮の制裁逃れを防ぐのを目的とした新たな独自制裁を発表した。トランプ大統領はさらに、通水管制裁に効き目がない場合は軍事行動を含む強硬措置を取る考えを示唆した。トランプ大統領「我々はきょう、北朝鮮に過去通水管最大の制裁を科した」制裁の対象となるのは、北朝鮮に加え、中国やシンガポールなどを拠点とする27の海運会社と28通水管の船舶など。北朝鮮が制裁を逃れるために海上で石炭や石油精製品などの積み荷を積み替える、いわゆる「瀬取り」を行っていると通水管して、こうした密輸を封じ込めるのが狙い。トランプ政権はこの制裁によって最大の圧力をかけ、北朝鮮の非核化を求める通水管姿勢。一方、トランプ大統領は会見で、制裁の効果が見られず、北朝鮮が核開発を続ける場合は軍事行動を含む強硬な対応通水管を取る考えを示唆した。トランプ大統領「もし制裁が機能しなければ第2段階に移行する。第2段階は非常に手荒いものに通水管なるかもしれない」その上で大統領は「様子を見なければいけない」と述べ、北朝鮮側の出方を見守る考えを示した。