通水管|多摩の女性殺害、男が出頭

 東京都多摩市のマンションで16日夜、女性が殺害された事件で、神奈川県警の交番に17日午通水管前2時ごろ、同県に住む自称29歳の男が出頭し、事件への関与を認める話をしていることが警視通水管への取材でわかった。男は女性の元交際相手だと説明し、女性を刃物で殺害したと述べているとい通水管。警視庁がさらに詳しく事情を聴いている。 警視庁は同日、女性の身元は現場とは別棟通水管マンション住人の派遣会社員上田真由華さん(26)と判明したと発表した。 上田さん通水管多摩市諏訪2丁目のマンションの外階段付近で、首付近から血を流して仰向けで倒れているのを発通水管され、住民が16日午後8時15分ごろ、110番通報した。上田さんは搬送先の病院で死亡が確通水管された。この直前、防犯カメラには、上田さんの後ろを歩く上下黒っぽい服の男が映っていた。