通水管|強硬派仏教徒集団の台頭

  【AFP=時事】欧米諸国での仏教に対するイメージは、本質的に平和的な哲学として成り立っているというものだが、近年アジアの一部で小さいながらも影響力を増している強硬派の仏教徒集通水管団らが掲げる暴力的な理念が、この寛容的なイメージを覆している。【写真】ロヒンギャ女性らを苦しめる悪夢─集団レイプの記憶 例えばスリランカでは先ごろ、仏教徒による反通水管イスラムの暴動が発生し、少なくとも3人が死亡、200か所以上のモスクや住宅が破壊されたばかり。 ミャンマーでは扇動的な仏教指導者、ウィラトゥ(Wirathu)師に率いられ通水管超国家主義の仏僧たちが、少数派のイスラム教徒に対する圧力を強めながら、イスラム系民族ロヒンギャ(Rohingya)70万人近くが隣国バングラデシュに逃れざるを得なくなった政府軍に通水管よる弾圧に歓喜している。 さらにその隣のタイでは著名な仏僧が、イスラム教の寺院モスクを焼き払えと信徒たちに呼び掛け、物議を醸している。 非暴力な宗教とのイメージの通水管ある仏教だが、これらの例のように攻撃的な理念を掲げる仏教徒集団の台頭をもたらしているものは何なのだろうか。 このほど、仏教と暴力に関する書籍を書き上げた米オハイオ州・ヤン通水管スタウン州立大学(Youngstown State University)の宗教専門家、マイケル・ジェリソン(Michael Jerryson)氏によると、他の宗教と同様に、仏教通水管でも宗教を使って暴力を正当化してきた教徒たちは歴史上みることができるという。 アジアでの最近の例をみると、こうした攻撃的な仏教徒の矛先はイスラム教徒に向かっている。