通水管|シリア原子炉を空爆で破壊=イスラエル軍

 イスラエル軍は21日、同軍の戦闘機が2007年にシリアのアサド政権が同国東部デリゾールで建設中だっ通水管た原子炉を空爆、破壊していたと発表した。 アイゼンコット参謀総長は声明で「イスラエルの存在を通水管脅かす(核の)力の獲得を許さないというメッセージだ」と述べた。 軍はこの日、作戦実行時の映像通水管や写真も公表した。発表によれば、軍は04年から原子炉に関する情報収集を始め、07年9月5日夜から6日通水管明にかけ、稼働間近になった段階の原子炉に対して空爆を実施。「イスラエルや地域全体に対する核の脅威を取通水管り除いた」と成果を強調した。 アサド政権はイランの軍事支援を受けている。イスラエルが10年以通水管上前の作戦についてこの時点で発表したのは、トランプ米大統領がイラン核合意からの離脱を警告する中、同合通水管意の修正や破棄を求めるイスラエルに同調する機運が国際社会で高まるよう仕向ける狙いもあるとみられる。