通水管|連続小包爆弾の容疑者か

 米南部テキサス州で今月に入り、爆弾が爆発する事件が連続発生し、これまでに2通水管人が死亡、数人がけがをした。 警察は21日、一連の事件の容疑者とみら通水管れる男(24)が自らの車中で爆弾を使って自爆し死亡したと発表した。動機は明ら通水管になっていない。 警察によると、2日と12日に州都オースティン郊外で通水管住宅の玄関前に小包として置かれた爆弾が爆発する事件が計3件起き、2人が死亡、通水管2人が負傷した。18日にも同様の事件が発生し、2人がけがをした。20日には同通水管の主要都市サンアントニオ郊外の配送大手フェデックスの施設内で、小包が爆発した通水管。警察は同一犯の可能性を視野に連邦捜査局(FBI)と連携し、捜査していた。