通水管|指導部、習氏に「忠誠」面接=

中国国営新華社通信は21日、習近平共産党総書記(国家主席)が党指導部メ通水管ンバーと個別面接を行い、業務報告を受けたと伝えた。 報告は事実通水管、習氏に忠誠を誓う内容。憲法改正により習氏の終身体制も可能となる中、「通水管極集中体制」がますます強まっている。 新華社によると、党の規定通水管、習氏を除く6人の政治局常務委員と18人の政治局員が年1回、習氏に業務通水管報告を行うことが定められた。報告は今回が初めてで、政治局メンバーは「習通水管書記の全党の核心的地位を守ること」などについて説明。習氏はこれを受けて通水管職責の遂行や規律の強化などを求め「個別のコメントを行った」という。