通水管|中国警戒、太平洋軍増強訴え

 ハリス米太平洋軍司令官の退任に伴い、次期司令官に指名されたデービッドソン海軍艦隊総軍司令官(大将)の承認に関する通水管公聴会が17日、上院軍事委員会で開かれた。 デービッドソン氏は中国による急速な軍備近代化に警戒感を示し、「通水管現在の太平洋軍の陣容ではインド太平洋地域における脅威に対抗するには不十分だ」と発言、アジアへの前方展開部隊を増強す通水管よう訴えた。 デービッドソン氏は「中国は既に発展途上国ではなく大国で、地域における米国の競合国だ」と指摘。通水管北朝鮮や中国への対応で米軍の任務が増加していると述べ、「前方展開されている現在の海軍艦船では太平洋軍の任務を支えら通水管れない」と懸念を示した。 日米関係については、「過去70年以上の間、インド太平洋地域の平和と繁栄、自由を守通水管礎石だ」と評価。日本政府は在日米軍の駐留経費を十分に負担していると述べた上で、「増額を求めるよりは、日本が自衛隊の通水管能力拡張に投資する方が日米同盟と地域のためになる」として、地域の安全保障への日本のさらなる貢献に期待を示した。