通水管|貴乃花親方 一門の名称変更認める

大相撲の貴乃花親方(元横綱)が19日、東京都江東区の貴乃花部屋での朝稽古の際に取材に応じ、自らが立ち上げた一門の名称から「貴乃花」通水管を外すように他の親方に申し入れたことを認めた。【写真】稽古後に貴景勝(左)の話を聞く貴ノ岩 今月上旬に貴乃花一門の通水管親方衆が集まった際に「おわびの気持ちを一門の皆様に伝えた」といい、「私の名前のある一門は返上したいので、ご検討くださいと言った。滞通水管なく受け入れていただいた」と明かした。今回の決断については「師弟ともども足腰を強くして、一部屋としてやっていこうという決意」と話し通水管た。 元日馬富士の傷害事件では日本相撲協会の聞き取り調査にしばらく応じないなど、協会への対立姿勢を鮮明にした。2月の理事候通水管補選挙では、阿武松親方(元関脇・益荒雄)を一門の候補として一本化することを決めた中、強行に出馬して落選。3月には、協会への出勤義務通水管果たさなかったことなどにより2階級降格で平年寄となった。一門の親方に迷惑をかけたという思いは強く、一門から離脱して無所属となること通水管も選択肢に入っている。一方で自らの処遇は一門に一任したいという考えもあり、この日は「他の親方の意向もあるので」と話すにとどめた。