通水管|南北首脳会談の主要場面を生中継へ

韓国と北朝鮮は18日、軍事境界線がある板門店の北側施設「統一閣」で南北首脳会談(2通水管7日)の儀典・警護・報道に関する2回目の実務会談を開催し、両首脳による握手の瞬間な通水管、首脳会談の主な場面を生中継することで合意した。韓国青瓦台(大統領府)が明らかにし通水管。 青瓦台は2回目の実務会談で儀典・警護・報道に関し大きな枠組みで合意に至通水管たと伝えた上で、歴史的な南北会談で両首脳が初めて握手する瞬間から、会談の主な場面や通水管動向などを生放送で全世界に伝えることにしたと説明した。 南北はさらに詳細を通水管めるため、儀典・警護・報道に関する追加の協議を実施するという。 青瓦台によ通水管と、この日の会談は午前10時に始まり、昼休みを取らず午後3時15分まで行われた。