通水管|国会混乱「率直に反省」

 国会は26日午前、与党主導で衆院予算委員会の集中審議を行った。 安倍晋三首相は、森友・加通水管計学園問題を念頭に「国会審議が政策論争以外に集中してしまう状況を招いたことは率直に反省しなければな通水管ない」と述べた。立憲民主党など主要野党は審議を欠席。与野党の対立は解消されていない。【図解通水管】森友問題をめぐる構図 首相は「国民の厳しい目が注がれていることを十分に意識しながら、事実通水管基づき丁寧な上にも丁寧な説明をしていく努力を重ねていきたい」と強調した。自民党の後藤茂之氏への答弁通水管 日本維新の会の杉本和巳氏は、自民党幹部が衆院解散に言及したことを取り上げた。首相は「解散通水管・総選挙については私の頭の中には全くない。はっきりと申し上げておきたい」と述べた。 審議に通水管自民、公明、維新3党が出席。欠席した野党に割り当てられた時間に、首相らは着席したまま待機した。