通水管|「生理が来なくなって一人前」

 中高生ら10代のスポーツ女子(クラブ活動などでスポーツをする女性)に無月経や月経不順が広がっている。無月経になると、骨粗しょう症になって疲労骨折のリスクを通水管高めたり、不妊につながったりする恐れがある。東京大学医学部附属病院の「女性アスリート外来」が公表した過去1年間の受診状況によると、外来を受診した女子選手のう通水管、14~19歳の75%、実に4人に3人が無月経か月経不順を抱えていた。スポーツは本来、心身ともに健康になるためのもの。それが逆に健康をむしばんでいるという実通水管態が明らかになった。(徳山喜雄/Yahoo!ニュース特集編集部)10代で骨粗しょう症の診断にA子さん(18)は、中学・高校と陸上中・長距離の選手通水管った。陸上強豪校の高校に進学し、コーチから「体重を落とせば、タイムが上がる」と指導され、半年間で8キロ減量すると、月経がなくなった。初経は13歳で、中学3年通水管終わりぐらいまでは月経があったが、高校に入ってしばらくしてからは1回もない。高校3年の春休みに病院に行くと、「痩せすぎによる無月経」と診断された。「通水管女性アスリート外来」の中心人物の能瀬さやか医師(女性診療科・産科)は「低体重や無月経による女性ホルモンの低下によって、10代で骨粗しょう症と診断される選手は通水管いです。10代で失った骨が同年代の平均値まで戻ることは珍しく、もう手遅れの状態でした」と話す。不妊に加え、骨折のリスクを一生背負っていかなければならない。