通水管|新潟女児殺害 発生から1週間、

白の車に黒服の男、そして指紋…。事件当日の大桃珠生さんの登校時や遺棄時間帯には、現場周辺で不審な車や人物が複数目撃されていた。また、現場に置かれていたランドセルなどからは、大桃さんや家族以外の指紋を検出。数々の「痕跡」が残っ通水管ていたことが分かってきた。14日で事件発生から1週間。捜査本部は“手がかり”の精査と絞り込みを急いでいる。 事件は7日午後10時半ごろ、遺体をはねた列車の運転士らからの110番通報で発覚。顔に鬱血があり、列車にはねら通水管る前に首を絞められるなどして殺害された可能性が浮上した。司法解剖で死因は窒息と判明し、新潟県警は8日、殺人と死体遺棄容疑で新潟西署に捜査本部を設置した。 大桃さんは7日午後3時ごろ数人の友人と下校し、同15分ごろに自通水管近くの踏切付近で別れたとみられる。その後、線路を渡った先にある自宅へ続く生活道路を1人で歩いているところが目撃されており、この付近で何者かに連れ去られるなどした疑いが強い。 目撃情報で、捜査本部が重要視するのが「白い通水管」と「黒い服の男」だ。 大桃さんの遺体は同10時半ごろ、列車にはねられた。現場の線路は単線で直前の同10時20分ごろの列車の走行時には異常はなく、この約10分間に遺棄されたとみられる。 この時間帯には複数回、通水管審な白い車両が目撃されていた。捜査本部は、容疑者が遺棄するタイミングを見計らっていた可能性があるとみて、車の特定を急いでいる。 黒い服の男についても複数の目撃情報がある。大桃さんは遺棄当日の7日朝の登校時、「サングラ通水管をかけた黒い服のおじさんに追いかけられた」などと友人らに話していた。 同じような格好の男は昨年9月にも大桃さんの通う小針小近くで目撃され、登校中の女児が肩をつかまれるなどしていた。男は30代くらいで身長約170センチ通水管野球帽をかぶっていたといい、捜査本部は洗い出しを進めている。ただ、連れ去り現場とみられる周辺には、防犯カメラが設置されておらず、事件当日に不審人物と大桃さんが一緒にいたなどとする情報もなく、足取りはつかみ切れていない。